川崎市川崎区砂子2丁目   Tel:044-220-5257       Mail : info@saikaweb.com
by hana-blog
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
カテゴリ
彩華へのアクセス
彩華情報
オリジナル商品
オーダー状況
イベント情報
日記
休日のご案内
Friends
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...
Links
MAIL


華の服、小物が買えるお店
布々
彩華にてお取り扱い中
ネヂママmaria540801
着物りめいく仲間
FURYU代表YUHSUKEさん
墨絵画家キボリオさん
Kiboriot Missile
ジュエリーアーティスト
asagiさん
asagi maeda website
篠笛&和太鼓ユニット
打花打火
書道家矢部澄翔さん
オフィシャルサイト
照明デザイナー田崎さんA/KA/RI/DO/U/GU
ヨーロッパ古着ワンピース専門店
古着屋 Sourire
American Clothes
RIGID STORE CLOTHING
大相撲甚句
北脇貴士さん
両国の名店
相撲部屋のチキンカレー 若
着物りめいく作家
伊藤香子さん
検索
タグ
(189)
(178)
(167)
(133)
(124)
(75)
(51)
(41)
(40)
(37)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:趣味 ( 40 ) タグの人気記事

正統派横綱

 昨日の続きで。

a0101525_1804531.jpg
 こちらは正統派横綱の白鵬関です。知り合いのコネってやつで一緒に写真を撮ることができました!感謝です!!家族集合写真のようになりました(笑)。朝青龍関とは対照的で真面目で静かな横綱です。やっぱりすごいオーラで近づくのに緊張しました。白鵬関も2児の父とあり、お腹の大きい友人に興味があるご様子。「いつ生まれるんですか?」とか「男の子ですか?女の子ですか?」などと話しかけてくれました。最後に「元気な赤ちゃん生んでくださいね」って言ってれました。穏やかでやさしい感じがする方でした。


 横綱は『神』のような存在と言われますが、芸術的なほど完成された体からかもし出されるものすごいオーラは明らかに他のお相撲さんとは違っていました。『神』というのも過言ではない気がします。外国人とか日本人とか関係なく、明らかに今の相撲界を支えているのはカリスマ性、スター性を兼ね備えたこの両横綱なのでしょう。最上位にいて人気者の訳がよくわかりました。横綱にお会いできたことでますますお相撲が好きになりました。5月場所も楽しみでしかたありません!
[PR]
by hana-blog | 2009-04-14 18:35 | 日記

本当はいい人♪(ヒールな横綱)

 『本当はいいやつ○○太郎~♪』というジュースのCMがありますが、本当にいい方でした。

 大相撲藤沢巡業にて、知り合いのコネクションでなんと横綱と接することができました!!しかも綱を締めている横綱と!!!十数年お相撲ファン続けていますが、こんなことはもちろん初めて。めったにあることではありません。ものすごいオーラを放つ両横綱を目の前にして緊張と興奮で固まっていました。すると、朝青龍関が来月出産予定の私の友人に気づき、なんと横綱から「こっちおいで」と手招きしてくれたんです!!そして彼女のお腹に触り(お相撲さんに触れてもらうと安産って言います)、「写真撮って!」と私達に言いました。「は、はいっ!」と心臓ドキドキしながらシャッターを切りました。「一緒に入っていいですか?」とはとても言えず、写真を撮るだけで精一杯でした。
a0101525_17304647.jpg
 ヒールな横綱なんて言われていて、確かにちょっと怖いけど、本当はすごくいい方でした。たくさんお相撲さんがいる中で、妊婦さんの友人に気づいて進んで声をかけてくれたお相撲さんは朝青龍関だけでした。彼女のお腹に触りながら、「あ、今動いた!」とうれしそうに笑ってました。こんな風にファンサービスができるってすごいですよね。プロですよね。赤ちゃんを産んだらフランスに旅立つ友人と、これから生まれてくる赤ちゃん、そして私達にとってもすごくいい記念と思い出になる出来事でした。正直、今まであまり好きではない横綱でしたが、今回のことですっかりファンになってしまいそうです(笑)。

a0101525_17552634.jpg
 その後も緊張して近づけず、遠くから写真を撮る私達に向かってふざけてポーズをとったり、噛み付くようなしぐさ(笑)をしたりしていた横綱でした。本当はフレンドリーなんですね。でもやっぱり近づくことができなかった私でした...。写真は同じモンゴル出身の玉鷲関と。

 いろいろとメディアで話題になる横綱ですが、これからもますます活躍して大相撲を盛り上げていってほしいです。


 もう一人の横綱白鵬関の記事はまた次回にUPします。お楽しみにどうぞ~。
[PR]
by hana-blog | 2009-04-13 18:16 | 日記

針屋さんの話

 『粋』とは、身なりや振る舞いが洗練されていて、格好よいと感じられること。また、人情に通じていること、遊び方を知っていることなどのを言うそうです。

 京都での話。

 京都でどうしても行きたかったところの一つ、針屋さん。針の専門店です。お仕事柄、ほぼ毎日手にしている針ですが、それほどこだわったことはありませんでした。もちろん素材によって太さなどは変えますが。いつもの材料屋さんにはたくさんのメーカーがある訳ではないし、針の良し悪しというのを気にしたことがなかったのです。

 京都行きを決めたとき、針専門店の存在を知りました。その瞬間、ここにいかなくては!と使命感が芽生えました(笑)。こだわりぬいて作られた針、ものすごく使ってみたくなりました。ワクワクしながら向かった針屋さんのこじんまりとした店内にはたくさんの種類の針が並んでしました。着物地に適しているものの見本を見せてもらい、手に取り、太さ、長さをチェック。一番手に馴染むものを選びました。私が選んだのは『きぬつま』という針。店頭にいらっしゃったご主人(かな?)に「これは他の針とどう違うんですか?」と聞くと「それはいい仕事をする人が使うもんです」(京都弁で)というお答え。結局どう違うのかはよくわかりませんでしたが、なんかものすごく『粋』な答えだと思いませんか?その答えを聞いて迷わずその針を購入しました。きっとこれを使ったらますますよい仕事ができることでしょう。

 そのお店では手作りの飾り待ち針も販売しています。これがもうかわいくてかわいくて!!!どれもこれもほしくなってしまい、選ぶのに一苦労しました。
a0101525_192169.jpg
 悩んで悩んで選んだ子達。なんだか使うのもったいないので飾ってあります^^
[PR]
by hana-blog | 2009-03-24 19:25 | 日記

シルバー教室体験

 彩華のある商店街には地域の方達が植えてくださったプランタが並んでいます。小さいながら、通りを彩ってくれている花達、今朝お店に来ると、プランタがごちゃごちゃになってました。彩華より早くオープンしているお店さんの話によると、朝出勤した時、すべてひっくり返されていたそうです...。
 なんでそんなことするのか、まったくわかりません...。酔っ払ってたのか、イライラしていたのか、理由が何にしてもお花ひっくり返してどうなるのか...。プランタは日中回収されていきました。


 本題へ...


 なんでもやりたがり、とりあえずやってみたい、けど継続するものは極わずか...。私、そんな習性です。今回挑戦したのはシルバー細工!少し前から姉が通い始めたお教室に行ってきました。友人がシルバーやりたい!と言ったのがほんの数週間前。姉に聞いたところ、あっという間に話が進み、1日体験をさせていただくことになりました。
 あれが作りたい、これが作りたい、といろいろ考えてはいましたが、当然、初めて行ってなんでもできる訳はなく、リングを制作することになりました。5個ある見本の中から選び、制作です。

 カナダに住んでいたときはルームメイトがジュエリーアーティストでしたので、制作風景を眺めたり、一度だけ作らせてもらったこともあったのですが、それもずいぶん前の話。完全にど素人の挑戦となりました。が、お教室の先生がとても細かく、丁寧にご指導くださいましたので2人とも3,4時間で素敵な作品を完成させることができました!!
a0101525_18333443.jpg
 私が作ったお花模様のリング。模様は自分で好きなものを入れさせていただきました。上出来!!友人共に大満足し、リングを眺めてはニヤニヤとしていました(笑)さっそくご愛用です^^
 それにしても、細かい~~~!!私も普段から比較手的ミリ単位での仕事をしている方ですが、シルバーは常にミリ単位ですから。しかも結構な力作業。これにも驚きました。他にも火を使ったり、薬品を使ったり、工具もたくさんあったり。とてもとても新鮮で不思議世界でした。

 華やかな世界の裏は意外と地味で職人気質だってこと、これは服制作との共通点です(笑)

 今回お世話になったお教室はこちら。『アトリエ・キクチ』です。キクチ先生、親切で愉快な方です!



※今月のお休みを訂正いたしました。来週の連休の訂正です。
×3月12日(木)~3月15日(日)→○3月13日(金)~3月15日(日)

また、3月11日(水)は誠に勝ってながら、16時半までの営業となります。
どうぞご了承くださいませ。

[PR]
by hana-blog | 2009-03-09 18:49 | 日記

美しすぎる芸術

 先日、どうしてもどうしても見たかった歌舞伎の演目、『京鹿子娘二人道成寺』を念願叶い、見ることができました!!歌舞伎では有名な演目である『京鹿子娘道成寺』を二人で演じるって!しかも玉三郎さんと菊之助さんが演じるって!!想像しただけでも鳥肌ものです。今回、歌舞伎座では3度目の上演となったそうです。大変人気のある演目ですので、気づいたときはチケットがすべて売り切れてしまっていました。こうなると残る道はただ一つ。朝早くに並んで当日券を手に入れること!これを見ないと絶対後悔する!って本気で思ったので並んでしまいました。晴れてチケットを入手。もうその時点でテンションは上がりまくってました。

 さ~いよいよ!となると期待でもう心臓ドキドキ。幕が開き、所家達がぞろぞろとステージへ。しばらくすると花道から菊之助さん登場!!「うわぁぁぁ~~~」思わずため息出ます。美しすぎる!!あまりの美しさに見とれきっているところへ玉三郎さん登場!!!ここでまたため息。美しいって言葉を何百回言っても現せないくらい。ただ美しいだけでなく、あふれ出るオーラに圧倒され、もう見ているだけで涙が出そうなほどでした。

 その後も二人で舞ったり、一人ずつ舞ったり、と舞台が進んで行きます。二人での見事に揃った舞はそれはもう素晴らしいの一言。すっかり世界に引き込まれた頃、舞台は終盤。白拍子に扮していた花子がいよいよ姿を現すのです。二人の花子が鐘に上ると盛り上がりは最高潮!大興奮!!の状態で幕となりました。あまりの感動、興奮、そしてもっともっと見ていたいようないろんな気持ちが溢れ、イスから立ち上がることができませんでした。

 生の舞台、毎回感動しますが、これほど感動したのは久しぶりかもしれません。本当に本当に心の底から見てよかったって思いました。

 これほども人を感動させることができる芸術、美しすぎる芸術、ものすごく力をもらった気がします。やっぱりたまにはこんな時間が必要なんですね。
[PR]
by hana-blog | 2009-02-28 18:56 | 日記

年末年始の話2

 前回お話したマレーシア、ランカウイのお話の続きです。

 食事がおいしくて、物価が安くて、自然もあって、旅行に行くにはとってもよいところなんですが、たった一つだけ問題が...。
 マレー的感覚が理解できないこと...。南国気質でもあるんでしょうか、のんびりしているというか、マイペースというか、よくも悪くも適当というか...。結構ね、日本的感覚では理解できないことが起こるんですよ。

 1.ホテルに着いたらオーバーブッキングで部屋がないとか、2.時間はあってないようなものなとことか、3.部屋の鍵が開かなくなるとか...。

1.一晩だけということで代わりの部屋に泊まりましたが、これが...ひどい部屋でした。

2.私の時計基準で、フロント女性の時計は10分遅れ、ロビーにかかってる時計は15分進み。どれが正確な時間なんだろ??

3.’08から’09に変わった影響でコンピュータートラブルが起きたらしい...。閉め出しくらってロビーで待つこと約1時間、眉間にシワ寄せて「まだ開かないの?」って聞いたら「も~すぐ開くわよきっと。それより昨晩のカウントダウンパーティーどうだった?」と満面の笑みで言われ、返す言葉を失った...。結局完全に直ったのは夕方5時くらい。なんて呑気なんでしょう。

 よくよく考えたらホテルの問題か。他にもいろいろと。何度眉間にシワ寄せたことか...。現地の方が言うには外資系のホテルはきちっとしているけど、マレー系のホテルはいい加減なとこがあるそうで...。帰ってきてしまえば笑い話ですがそのときは結構大変なものです。
 ま、おかげさまですっかり落ちてしまった英語力を今回の数日間の旅行でかなり取り戻しましたけど(英語しか通じないホテルだったので)ね(笑)。


 そんなことを除けばぜひともまた遊びに行きたい国だなって思います。チョコレートおいしいし^^ダイビングもできるしね。次行くときはマレー的感覚にも少しは慣れて驚かないはず(笑)。一度は行ってみる価値あるところだと思いますよ、ランカウイ。チャンスがあればぜひ!

a0101525_16495276.jpg
そんなホテルの外観。この色合いが外国っぽい。
[PR]
by hana-blog | 2009-01-12 16:55 | 日記

休日:自宅での過ごし方

 3連休、いかがお過ごしですか??彩華は昨日はお休みでしたが、本日は通常営業です。連休最終日はあいにくのお天気で少し残念ですね。

 定休日の昨日、私は風邪を引きまして...。タイミングいいのか悪いのか、お店がお休みの日に風邪。1日で直すべく、昨日は予定をすべてキャンセルし、自宅療養しておりました。

 丸一日家にいるときって皆さんどのように過ごしますか?いろいろとやることはあると思います。家事をしたり、音楽聴いたり、DVD見たり、本読んだり、部屋の模様替えしてみたり。私ももちろんあれやこれやとやってみますが、最終的にたどり着くのはやっぱりこの子の元。
a0101525_17324974.jpg
 15年来の相棒との遊びを楽しみます。

 お店のイスに座布団&カバーがほしいとずっと思っていたので制作しました。

 まず座布団は
a0101525_17374572.jpg
 着物の胴裏を使い、中の綿には打掛の裾に入っていたもの。リサイクル座布団でありながら、フワフワで肌触りもかなりよい上物です。

 カバーは
a0101525_17405213.jpg
 冬なので温かいもの。何年も前に購入してそのままになっていたフリースを引っ張り出して作りました。これで寒い冬も乗り越えられそうで。
 自宅にあった材料のみで制作したのでエコ&節約座布団になりました。^^
 仕事と違って気楽な制作はとてもよい気晴らしになります。結局休日もミシンかけ。どうやら制作してるのがやっぱり好きみたいです。

a0101525_17581680.jpg
 ベリーさんはこの連休、箱根まで富士山を見に行ってきたそうです。
[PR]
by hana-blog | 2008-11-24 18:01 | 日記

浅草寺

 
a0101525_1884199.jpg
雷門で有名な浅草寺 (せんそうじ)では現在浅草大観光祭というものが行われています。このお祭りの中に江戸町「浅草奥山風景」という催しがあります。江戸時代の町並みを再現し、当時からの伝統工芸品などを実演販売しているところがあったり、お茶屋さんがあったりします。なかなかおもしろそうな催しです。

 この催しの中の一つのブースにて、以前一緒に働いていた方達が販売のお手伝いをしているとのこと。先日浮世絵を見に行った際、訪ねてみました。

 ここの仲見世通りを歩くのは本当に久しぶりでした。前回は5、6年前?いや、もっと前??というぐらい。平日にも関わらず、賑やかな仲見世通りにはお土産物屋さんがたくさんあります。浅草名物人形焼き、揚げ饅頭、手焼きせんべいなどなど。食べ物ばっかりですが(汗)。できたてのお菓子を食べ歩きするのもここの楽しみの一つということで。^^
 
 仲見世通りから一本奥に入ると老舗と言われるお店がいっぱいあります。中古の着物屋さんもあります。舞台用の着物屋さんなどはこの辺ならではのお店でしょう。不思議なお店もたくさんあって楽しいところです。

 さて目的の「浅草奥山風景」、浅草寺境内の中ほどで開催されていました。和もの好きとしてはかなり楽しめる内容です。作っている様子を見れるというのはいいですね!職人さんの手元をじーっと見ていると飽きません。提灯、印伝、浮世絵などなど江戸の文化感じるものがたくさんありました。ここにもまたおいしい食べ物もありました!^^

 来週の火曜日まで開催されているそうなのでこの3連休のおでかけにオススメです!

a0101525_18205966.jpg
 夕暮れの仲見世通り、提灯のあかりがとてもきれいでした。
[PR]
by hana-blog | 2008-11-22 18:24 | 日記

浮世絵

 江戸東京博物館で開催されているボストン美術館 浮世絵名品展という展示を見に行きました。ボストン美術館には貴重な浮世絵がたくさん収蔵されているってご存知でした?私は知りませんでした...。日本美術コレクターのボストン市民数名が集めたコレクション、それが大事に大事に保存されているそうです。状態もかなり良好だそう。それらのコレクションの中から厳選した作品の展示。なんとその中のほとんどは日本初公開、と。もともとは日本にあったものが日本初公開とはなんとも不思議な感じです。

 浮世絵に関してはほぼ無知な私ですが、そんな私でもこの展示がすごい!というのは十分にわかります。浮世絵が描かれるようになった初期のものから少しずつ色が増え、色彩豊かな錦絵になっていく様子、描かれた当時の美人像の変化、ファッション、絵の流行などなどいろんなことが見て取れる展示です。こんなに浮世絵が奥深いものがとは本当に知りませんでした。細か~~~いところまでキレイに描かれていて、表情豊かで、絵が語っている感じです。

 また、この展示のよいところはなんといっても展示物の状態がよいこと。たった今描かれたばかりと言っても疑わないぐらい色あせることもなく保存されていた芸術たち。これは本当に見る価値があると思います。

 この展示は今月末まで開催されています。お時間あればぜひとも出かけてみてください。オススメです!


a0101525_18365228.jpg
 写真は常設展にあった浮世絵の制作過程。ひとつひとつ丁寧に版画されていく様子がわかります。

 東京の歴史が詰まった常設展もおもしろいです。日本橋や郵便局、劇場が復元されていたり、自由に写真撮れたり、体験コーナーみたいなものもあります。子供も大人も楽しめる展示です。
a0101525_184099.jpg

 
[PR]
by hana-blog | 2008-11-20 18:43 | 日記

興味深々

 まだ冬用コートは早いかな?なんて思ったんですが、早くなさそうです。かなり寒くなりましたね。

 昨日、デザインフェスタのお話を書きましたが、今日もまたデザインフェスタの話を...。

 いろんな技術で作られたいろんな作品がたくさんありますが、私がとても気になったのはアメリカンディップアートというものです。おそらく、名前は知らないけど見たことある方は多いと思います。私もその一人でしたが。ディップアートは細い針金で枠を作り、その名の通り液にディップするものです。ディップ液はアクリル樹脂でできているそうです。ディップアートではお花のモチーフなどを作ることが多いようです。透明感があり、ガラスのようにも見えます。私が少しお話させていただいた作家さんは暗いエリアでライトの照らして作品を展示されていました。

a0101525_17422120.jpg
 写真だとちょっとわかりにくいですが、これがものすご~くキレイで釘付け状態になりました。

 材料があれば結構手軽にできるそうです。そんなディップアートに興味深々。小さいものなどはアクセサリーにしてもステキです。これを和花で作ってアクセとかコサージュとかにしたら絶対かわいい!とテンション上昇中。今度材料調達に行って挑戦してみます!!
[PR]
by hana-blog | 2008-11-11 17:56 | 日記